生活支援センターだより

  ☆ 1後期高齢者医療被保険者の皆さんへ
     〜8月1日から被保険者証が新しくなります〜
 新しい被保険者証(オレンジ色)は7月中にお送りしています。
 8月1日以降に医療機関で受診をする際には、必ず新しい被保険者証(オレンジ色)を窓口にお出しください。
 今までお持ちの被保険者証(ピンク色)については、8月1日以降、なるべくお早めに、お住まいの市町村の後期高齢者医療担当課まで返却するようお願いします。
 また、視覚障がいをお持ちの方の被保険者証に点字シールの貼付を希望する場合は、被保険者証を持参の上、お住まいの市町村の後期高齢者医療担当課にお申し出ください。
 ◆お問い合わせ先
お住まいの市町村の後期高齢者医療担当課または福島県後期高齢者医療広域連合
  024−528−9025(代表)
  ☆ 2本年度展示の新しい用具の紹介
 本年度はドイツ製の高機能な折りたたみ杖と音声ICタグレコーダーを購入します。白杖は軽金属製で、グリップはブナ材のハンドメイドで手触りが良いです。石づきは小さなローラチップです。長さは、121pから138pまで調整できます。価格も39,500円と高額です。センターにお越しの際はぜひ、この杖の高級感を体験ください。
 ◆ 県視覚障がい者生活支援センター 電話024−535−5275
 尚、この1〜2の記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 1令和元年度の生活支援センター事業について
 【生活相談と生活用具の展示と体験】
当生活支援センターでは、視覚に障がいのある方やその関係者からの生活相談を行っています。また、視覚障がい者用の生活用具を展示するとともに、体験しながら用具を選ぶことができます。
給付申請などのお手伝いも行っています。ぜひ、お越しください。
 【開催講座】
本年度開催する講座は次の講座です。多くの方のご参加をお待ちしています。詳しくはセンターまでお問い合わせください。
・カラオケ教室 第1土曜日午後1時〜3時(5月から7回)
 講師:福島県歌謡協会上席講師 丹治 勝子 氏
 会費:無料   定員:10名
・大正琴教室 第4土曜日午前10時〜正午(6月から3回)
 講師 琴名流師範 吉田 紀子 氏
 会費:無料   定員:6名
・IT教室 第2日曜日午前10時〜正午(通年)
 講師:福島県立視覚支援学校 水本 剛志 氏他
 会費:無料   個別指導のため、事前予約が必要です。
・文学講座 5月25日(土)・11月30日(土)午後1時〜3時
 講師:福島県立視覚支援学校 渡邊 寛子 氏
 会費:無料   定員:12名
・茶道教室 第2水曜日午前10時〜正午(6月から6回)
 講師:庸軒流(ようけんりゅう)大浦 文夫 氏
 会費:500円(お茶菓子・お抹茶代など)扇子を持参ください。
 定員:8名
 茶道の基本所作、日本文化の精神を学びます。
・白杖歩行スキルアップセミナー  ・調理教室
 白杖歩行スキルアップセミナーと調理教室は詳細未定です。決まり次第お知らせします。
 【サークル活動】
・卓球サークル 毎週火曜日午前10時〜午後2時
・唱歌・童謡を歌う会と朗読会 第1木曜日午後1時〜3時
・朗読サークルによる対面朗読 毎週金曜日午後1時〜2時30分
  ☆ 2相談会のお知らせ
 県障がい者総合福祉センター主催の視覚障がい者相談会が下記の日程で開催されます。参加は無料です。参加をご希望の方はお住まいの市町村福祉担当課までお申し込みください。
  6月4日(火)白河市中央老人福祉センター
  7月2日(火)南会津町役場
  8月21日(水)喜多方市保健センター
  9月11日(水)田村市役所
  10月1日(火)原町区福祉会館
  11月5日(火)いわきサン・アビリティーズ
  12月3日(火)二本松福祉センター
  ☆ 3同行援護従事者養成のお知らせ
 本年度の養成講座は、会津若松市と福島市で開催します。ご希望の方はセンターまでお問い合わせください。
 ◆ 県視覚障がい者生活支援センター 電話024−535−5275
 尚、この1〜3の記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 2019年度生活支援センター 講座・サークル活動のご案内
 2019年度開催予定の講座についてご案内します。詳細は新年度5月号でご確認ください。多くの方のご参加をお待ちしています。
[開催講座]
・カラオケ教室 第1土曜日午後1時〜午後3時(5月から年7回)
 定員10名
 申込み開始 4月4日(木)から 
・大正琴教室  第4土曜日午前10時〜正午(6月から年3回)
 定員 6名
 申込み開始 4月4日(木)から
・文学講座 5月25日(土)・11月30日(土)午後1時〜午後3時
 昨年に引き続き「百人一首」の解説とカルタ取り・坊主めくりです。前号でご紹介した「カルタ」サークルへもご参加ください。
 申込み開始 5月7日(火)から 
・IT教室 第2日曜日午前10時〜午後1時(通年)
 定員 数名(毎回 要予約)
 パソコン・携帯電話・プレクストークなど、個人指導です。
・茶道教室 第2水曜日午前10時〜正午(6月から年6回)
 定員 8名 
 申込み開始 5月7日(火)から
 茶道の基本所作、日本文化の精神を学びます。
・白杖歩行スキルアップセミナー
・調理教室
[サークル活動]…自主活動の場
・卓球サークル 毎週火曜日午前10時〜午後2時(通年)
・唱歌・童謡を歌う会 第1木曜日午後1時〜午後3時(通年)
・対面朗読 毎週金曜日午後1時〜午後2時30分(通年)
 ◆ 県視覚障がい者生活支援センター 電話024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 点字つき・拡大文字つき百人一首かるた取りサークルのご案内
          福島県立視覚支援学校教諭
                  渡邊寛子
 平成19年度から始まった生活支援センターの文学講座では、短歌に親しむという文学散歩が形を変えて続いています。中途失明の点字も墨字も厳しいという受講者の方から「昔口ずさんだ百人一首の解説を」という声が上がり、21年度から8年半かけて100首の解説が一通り終了しました。その中で、百星の会制作の読み札に印をつけて触って楽しむ坊主めくりや、小学生の中で盛んになった五色百人一首に点字をつけたものを台に固定して、見えなくても楽しめるかるたとりを取り入れてきました。 昨年100番までの解説が終わり、2クール目に入りました。今度は一字決まりや二枚札など、よりかるた取りを楽しめるような歌の解説をして札も取ってみたり、坊主めくりをしたりという文学講座となっています。
 さらに、2020年のオリパラに向け、全日本かるた協会と百星の会がコラボして、我が国の伝統文化を世界に紹介する場での点字つきかるたの全国大会を開くことが決まりました。「ぜひ、福島県からも」との声がかかり、百人一首のかるた取りサークルを立ち上げました。平成31年2月2日は3回目の練習会となります。
 個人戦のほかに3人一組での団体戦がありますので、ぜひみなさんふるってご参加ください。2020年7月海の日、いざ東京へ。
 ◆ 県視覚障がい者生活支援センター 電話024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 1 第2回 調理教室のご案内
◆日時 平成30年12月19日(水)午前10時〜午後1時30分
◆会場 視覚障がい者生活支援センター 調理室・和室
◆定員 5名程度
◆内容 餃子と中華風スープを作ろう
 今回は、三菱のレンジグリル「ジタング」を使って餃子に挑戦します。簡単にカリッとを目指します。詳細は支援センターまでお問い合わせください。
 なお、申し込みは12月1日からです。
  ☆ 2 センター展示品のご紹介
 触読式の腕時計と音声メジャーが新たに体験用にそろいました。触読式腕時計はセイコー製でふたを開けて、針と文字盤を指で触って時刻を知ります。価格は12,000円です。
 この触読式腕時計や音声時計は、ほとんどの市町村で日常生活用具給付対象品になっています。価格は種類によって異なりますので、取扱店にご確認ください。給付対象は障害者手帳1、2級の方です。
 音声メジャー(テープキング)は長さと角度を音声で読み上げます。1ミリから5メートルまでを計測してくれます。価格は29,160円です。幅103ミリ、奥行75ミリ、厚さ33ミリで乾電池使用です。
 なお、この音声メジャーが日常生活用具給付対象品になっている市町村は県内にはまだありません。
 使用体験出来ますので、支援センターまでお問い合わせください。
 ◆ 県視覚障がい者生活支援センター 電話024−535−5275
 尚、この1〜2の記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 1 秋の教室のご案内
@ 白杖歩行スキルアップセミナー
  歩行の専門家から白杖の使い方、単独歩行を学びましょう。
日時 11月10日(土)午前10時〜12時 
講師 歩行訓練士 渡邊 純代 氏 
人数 若干名
A 文学講座(百人一首)
  点字付きカルタや坊主めくりで遊びましょう。
日時 11月24日(土)午後1時〜午後3時
講師 福島県立視覚支援学校教諭 渡邊 寛子 氏
各教室に関する詳細は支援センターまでお問合わせください。
  ☆ 2 センター展示品のご紹介
 今年度、新たに白杖2種類を展示品に追加しました。
 @ セガワケーン(折りたたみ)・・・材質が100パーセントカーボンなので、軽くて丈夫です。また、つなぎ部分が精密なため、がたつきが感じられないのが特徴です。スタンダードとパームチップをそろえました。価格は、スタンダード 5,850円、パームチップ 8,650円です。
 A キザキケーン(子供用)・・・アングルグリップという新しい握りの杖で、長さは83センチから調整できる伸縮式の白杖です。価格は、スタンダード 6,500円です。
 使用体験出来ますので、支援センターまでお問合せください。
 ◆ 県視覚障がい者生活支援センター 電話024−535−5275
 尚、この1〜2の記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 1.後期高齢者医療被保険者の皆さんへ
    〜8月1日から被保険者証が新しくなります〜
 新しい被保険者証(ピンク色)は7月中にお送りしています。
 8月1日以降に医療機関で受診をする際には、必ず新しい被保険者証(ピンク色)を窓口にお出しください。
 今までお持ちの被保険者証(オレンジ色)については、8月1日以降、なるべくお早めに、お住まいの市町村の後期高齢者医療担当課まで返却するようお願いします。
 また、視覚障がいをお持ちの方の被保険者証に点字シールの貼付を希望する場合は、被保険者証を持参のうえ、お住まいの市町村の後期高齢者医療担当課にお申し出ください。
 ◆お問い合わせ先
お住まいの市町村の後期高齢者医療担当課
または福島県後期高齢者医療広域連合
電話024(528)9025(代表)
  ☆ 2.調理教室「酒粕をつかって」を開催します
日時 9月26日(水)午前10時〜午後1時30分
場所 視覚障がい者生活支援センター 調理室・和室
定員 5名程度
 今回は酒粕を用いたご飯もの、野菜の粕汁などを検討中です。
申込み受付は9月1日からです。詳細はお問い合わせください。
 ◆ 県視覚障がい者生活支援センター 電話024−535−5275
 尚、この1〜2の記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 1.平成30年度の生活支援センター事業について
 【生活相談と生活用具の展示と体験】
当生活支援センターでは、視覚に障がいのある方やその関係者からの生活相談を随時行っています。
また、視覚障がい者用の生活用具の展示をしています。体験しながら用具を選ぶことができます。是非、お越しください。
 【開催講座】
平成30年度開催する講座は次の講座です。多くの方のご参加をお待ちしています。詳しくはセンターまでお問い合わせください。
・カラオケ教室 第1土曜日午後1時〜3時(5月と11月は第2)
・大正琴教室(福島)第4土曜日午前10時〜正午(6月から)
・大正琴教室(郡山)第2木曜日午後1時〜3時(6月から)
・文学講座 5月26日(土)・11月24日(土)午後1時〜3時
・白杖歩行スキルアップセミナー(初夏・秋2回)
・調理教室(9月と12月)
・IT教室 第2日曜日午前10時〜午後1時(通年)
 【サークル活動】
・卓球サークル 毎週火曜日午前10時〜
・唱歌・童謡を歌う会と朗読会 第1木曜日午後1時〜 
・朗読サークルによる対面朗読 毎週金曜日午後1時〜
問合せ先: 024(535)5275 生活支援センター
  ☆ 2.相談会のお知らせ
 県障がい者総合福祉センター主催の視覚障がい者相談会が下記の日程で開催されます。参加は無料です。参加をご希望の方はお住まいの市町村福祉担当課までお申込みください。
  6月29日(金)白河市中央老人福祉センター
  7月19日(木)南会津町御蔵入交流館(午後開催)
  8月22日(水)会津若松市生涯学習総合センター(稽古堂)
  9月 4日(火)郡山市障害者福祉センター
 10月18日(木)相馬市総合福祉センター(はまなす館)
11月14日(水)いわき市総合保健福祉センター
12月 4日(火)伊達ふれあいセンター
  ☆ 3.同行援護従事者養成のお知らせ
 平成30年度の養成研修会を7月に福島市で開催します。ご希望の方はセンターにお問い合わせください。
  ☆ 4.新たに展示する用具のご案内
 今年度は、音声メジャー、触読式腕時計、アングルグリップという新しい握りの子供用白杖(株式会社キザキ製作)を展示する予定です。準備が出来次第ご案内します。
  ☆ 5.電話ナビゲーションサービスのご案内
 0570−021802(全国共通番号)に電話を掛けると、日本盲人会連合による福祉情報が聞けます。内容は@最新のJBニュースA全国のニュースB地域の情報で、音声ガイダンスにそって操作ください。また、「点字ニュース即時提供システム」としてインターネット版もあります。メール配信をご希望の方は登録が必要です。
 詳しくはセンターまでお問合せください。
 ◆ 県視覚障がい者生活支援センター 電話024−535−5275
 尚、この1〜5の記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 日常生活用具給付について
 前回に引き続き日常生活用具の給付申請についてお話します。各品目には、市町村ごとに基準額が定められています。
 ここでは、福島市を例にします。申請を行う場合は、必ずお住まいの障がい福祉担当窓口でご確認ください。かっこ内は基準額で単位は円です。原則1割負担ですが、基準額を超えた分は、自己負担となります。また、非課税世帯では1割負担が免除される市町村もありますが、その場合でも超過分は本人負担となります。
 ・火災警報器(10,000)・自動消火器(28,700)・電磁調理器(41,000)
・歩行時間延長信号機用小型送信機(7,000)・盲人用体温計(9,000)
・盲人用体重計(18,000)・盲人用時計(13,300)・点字器(13,000)
・情報通信支援用具(100,000)・点字ディスプレイ(383,500)
・点字タイプライター(63,100)・ポータブルレコーダー(85,000)
・視覚障害者用活字文書読上げ装置(99,800)
・視覚障害者用拡大読書器(198,000)
・地デジ放送が聞けるラジオ(29,000)
 申請の流れは、申請したい製品の見積りとカタログを業者から取り寄せます。「申請書」「見積書」「身体障害者手帳」「印鑑」「マイナンバー」をそろえて、地元の役所または支所の障がい福祉担当窓口で申請します。
 なお、「申請書」は市町村窓口にあります。申請後、1・2週間後に決定通知書が市町村から届きます。その後の流れは、市町村によって異なりますので、支援センターまでお問合せください。
 ◆ 県視覚障がい者生活支援センター 電話024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 日常生活用具給付について
 日常生活用具に関しては、地域の実情と利用者の状況に応じて各自治体の地域生活支援事業として行われています。
そのため、給付対象品目、耐用年数、基準額、対象要件が市町村ごとに異なっています。給付申請を行う場合は、必ずお住まい(住民票の住所)の障がい福祉担当窓口でご確認ください。
 ここでは福島市を例にご紹介します。原則、身体障害者手帳の等級が1、2級の重度の方を対象としていますが、視覚障害者用拡大読書器は1級から6級の方が該当します。但し、県内で等級制限がある市町村もあります。また、点字器も等級制限はありません。
 対象品名(平成29年度福島市の場合)カッコ内は耐用年数
・火災警報器(8年)・自動消火器(8年)・電磁調理器(6年)
・歩行時間延長信号機用小型送信機(10年)・音声体温計(5年)
・音声体重計(5年)・視覚障害者用活字文書読上げ装置(6年)
・情報、通信支援用具<音声ソフト類等>(5年)
・点字ディスプレイ(6年)*但し視覚、聴覚の重複重度
・点字器(7年、携帯用は5年)・点字タイプライター(5年)
・視覚障害者用拡大読書器(8年)
・盲人用時計<音声式・触読式>(5年)
・地デジ放送が聞けるラジオ(6年)
・ポータブルレコーダー(6年)・点字図書(原本との価格差)
 その他、市町村によっては、音声血圧計が給付に該当しています。
 次号で基準額と申請方法をお話します。
 ◆ 県視覚障がい者生活支援センター 電話024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 補装具(白杖)の申請について
 白杖は視覚障がい者の補装具に該当します。視覚障がいによる身体障害者手帳を所持している方は、等級に関わらず補装具費支給申請ができます。視覚障がい者を対象とした補装具は白杖のほかに、義眼・矯正眼鏡・遮光眼鏡・コンタクト・弱視眼鏡(掛け眼がね式・単眼鏡)がありますが、眼鏡類の申請には、眼科医の意見書が必要です。
 ここでは白杖の申請についてお話します。申請に必要な書類は、申請書(市町村福祉担当窓口で)、身体障害者手帳、印鑑、見積書(取扱い業者から取り寄せ)、マイナンバーを準備し居住の市町村福祉担当窓口で申請します。申請した場合の自己負担は原則1割ですが、申請者及び配偶者が住民税所得割額46万円以上の場合は、全額自己負担となります。また、申請者と配偶者が非課税の方は自己負担がありません。ただし、基準額を超えた場合、超過分は自己負担です。
 次に、基準額、耐用年数について説明します。各杖には基本構造によって基準額と耐用年数が決められています。耐用年数を過ぎると新たに申請できます。直杖で、繊維複合素材の杖は耐用年数が2年、軽金属が5年、携帯用で、繊維複合素材の場合は2年、軽金属は4年となっています。基準額も構造(直杖、携帯用、身体支持)で異なり、更に夜光材が装着されている、フラッシュライト付で加算があります。また、ゴムグリップの場合は660円加算されます。ご自分が選んだ杖の価格と基準額の差(超過分)は非課税世帯でも、自己負担となります。直杖と携帯用の同時申請もできます。白杖の申請については、支援センターにご相談ください。
 ◆ 県視覚障がい者生活支援センター 電話024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。




戻る