センターだより

  ☆ 1.平成30年度の生活支援センター事業について
 【生活相談と生活用具の展示と体験】
当生活支援センターでは、視覚に障がいのある方やその関係者からの生活相談を随時行っています。
また、視覚障がい者用の生活用具の展示をしています。体験しながら用具を選ぶことができます。是非、お越しください。
 【開催講座】
平成30年度開催する講座は次の講座です。多くの方のご参加をお待ちしています。詳しくはセンターまでお問い合わせください。
・カラオケ教室 第1土曜日午後1時〜3時(5月と11月は第2)
・大正琴教室(福島)第4土曜日午前10時〜正午(6月から)
・大正琴教室(郡山)第2木曜日午後1時〜3時(6月から)
・文学講座 5月26日(土)・11月24日(土)午後1時〜3時
・白杖歩行スキルアップセミナー(初夏・秋2回)
・調理教室(9月と12月)
・IT教室 第2日曜日午前10時〜午後1時(通年)
 【サークル活動】
・卓球サークル 毎週火曜日午前10時〜
・唱歌・童謡を歌う会と朗読会 第1木曜日午後1時〜 
・朗読サークルによる対面朗読 毎週金曜日午後1時〜
問合せ先: 024(535)5275 生活支援センター
  ☆ 2.相談会のお知らせ
 県障がい者総合福祉センター主催の視覚障がい者相談会が下記の日程で開催されます。参加は無料です。参加をご希望の方はお住まいの市町村福祉担当課までお申込みください。
  6月29日(金)白河市中央老人福祉センター
  7月19日(木)南会津町御蔵入交流館(午後開催)
  8月22日(水)会津若松市生涯学習総合センター(稽古堂)
  9月 4日(火)郡山市障害者福祉センター
 10月18日(木)相馬市総合福祉センター(はまなす館)
11月14日(水)いわき市総合保健福祉センター
12月 4日(火)伊達ふれあいセンター
  ☆ 3.同行援護従事者養成のお知らせ
 平成30年度の養成研修会を7月に福島市で開催します。ご希望の方はセンターにお問い合わせください。
  ☆ 4.新たに展示する用具のご案内
 今年度は、音声メジャー、触読式腕時計、アングルグリップという新しい握りの子供用白杖(株式会社キザキ製作)を展示する予定です。準備が出来次第ご案内します。
  ☆ 5.電話ナビゲーションサービスのご案内
 0570−021802(全国共通番号)に電話を掛けると、日本盲人会連合による福祉情報が聞けます。内容は@最新のJBニュースA全国のニュースB地域の情報で、音声ガイダンスにそって操作ください。また、「点字ニュース即時提供システム」としてインターネット版もあります。メール配信をご希望の方は登録が必要です。
 詳しくはセンターまでお問合せください。
 ◆ 県視覚障がい者生活支援センター 電話024−535−5275
 尚、この1〜5の記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 日常生活用具給付について
 前回に引き続き日常生活用具の給付申請についてお話します。各品目には、市町村ごとに基準額が定められています。
 ここでは、福島市を例にします。申請を行う場合は、必ずお住まいの障がい福祉担当窓口でご確認ください。かっこ内は基準額で単位は円です。原則1割負担ですが、基準額を超えた分は、自己負担となります。また、非課税世帯では1割負担が免除される市町村もありますが、その場合でも超過分は本人負担となります。
 ・火災警報器(10,000)・自動消火器(28,700)・電磁調理器(41,000)
・歩行時間延長信号機用小型送信機(7,000)・盲人用体温計(9,000)
・盲人用体重計(18,000)・盲人用時計(13,300)・点字器(13,000)
・情報通信支援用具(100,000)・点字ディスプレイ(383,500)
・点字タイプライター(63,100)・ポータブルレコーダー(85,000)
・視覚障害者用活字文書読上げ装置(99,800)
・視覚障害者用拡大読書器(198,000)
・地デジ放送が聞けるラジオ(29,000)
 申請の流れは、申請したい製品の見積りとカタログを業者から取り寄せます。「申請書」「見積書」「身体障害者手帳」「印鑑」「マイナンバー」をそろえて、地元の役所または支所の障がい福祉担当窓口で申請します。
 なお、「申請書」は市町村窓口にあります。申請後、1・2週間後に決定通知書が市町村から届きます。その後の流れは、市町村によって異なりますので、支援センターまでお問合せください。
 ◆ 県視覚障がい者生活支援センター 電話024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 日常生活用具給付について
 日常生活用具に関しては、地域の実情と利用者の状況に応じて各自治体の地域生活支援事業として行われています。
そのため、給付対象品目、耐用年数、基準額、対象要件が市町村ごとに異なっています。給付申請を行う場合は、必ずお住まい(住民票の住所)の障がい福祉担当窓口でご確認ください。
 ここでは福島市を例にご紹介します。原則、身体障害者手帳の等級が1、2級の重度の方を対象としていますが、視覚障害者用拡大読書器は1級から6級の方が該当します。但し、県内で等級制限がある市町村もあります。また、点字器も等級制限はありません。
 対象品名(平成29年度福島市の場合)カッコ内は耐用年数
・火災警報器(8年)・自動消火器(8年)・電磁調理器(6年)
・歩行時間延長信号機用小型送信機(10年)・音声体温計(5年)
・音声体重計(5年)・視覚障害者用活字文書読上げ装置(6年)
・情報、通信支援用具<音声ソフト類等>(5年)
・点字ディスプレイ(6年)*但し視覚、聴覚の重複重度
・点字器(7年、携帯用は5年)・点字タイプライター(5年)
・視覚障害者用拡大読書器(8年)
・盲人用時計<音声式・触読式>(5年)
・地デジ放送が聞けるラジオ(6年)
・ポータブルレコーダー(6年)・点字図書(原本との価格差)
 その他、市町村によっては、音声血圧計が給付に該当しています。
 次号で基準額と申請方法をお話します。
 ◆ 県視覚障がい者生活支援センター 電話024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 補装具(白杖)の申請について
 白杖は視覚障がい者の補装具に該当します。視覚障がいによる身体障害者手帳を所持している方は、等級に関わらず補装具費支給申請ができます。視覚障がい者を対象とした補装具は白杖のほかに、義眼・矯正眼鏡・遮光眼鏡・コンタクト・弱視眼鏡(掛け眼がね式・単眼鏡)がありますが、眼鏡類の申請には、眼科医の意見書が必要です。
 ここでは白杖の申請についてお話します。申請に必要な書類は、申請書(市町村福祉担当窓口で)、身体障害者手帳、印鑑、見積書(取扱い業者から取り寄せ)、マイナンバーを準備し居住の市町村福祉担当窓口で申請します。申請した場合の自己負担は原則1割ですが、申請者及び配偶者が住民税所得割額46万円以上の場合は、全額自己負担となります。また、申請者と配偶者が非課税の方は自己負担がありません。ただし、基準額を超えた場合、超過分は自己負担です。
 次に、基準額、耐用年数について説明します。各杖には基本構造によって基準額と耐用年数が決められています。耐用年数を過ぎると新たに申請できます。直杖で、繊維複合素材の杖は耐用年数が2年、軽金属が5年、携帯用で、繊維複合素材の場合は2年、軽金属は4年となっています。基準額も構造(直杖、携帯用、身体支持)で異なり、更に夜光材が装着されている、フラッシュライト付で加算があります。また、ゴムグリップの場合は660円加算されます。ご自分が選んだ杖の価格と基準額の差(超過分)は非課税世帯でも、自己負担となります。直杖と携帯用の同時申請もできます。白杖の申請については、支援センターにご相談ください。
 ◆ 県視覚障がい者生活支援センター 電話024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。




戻る