視覚障がい者福祉協会だより

  ☆ 平成28年度 公益社団法人福島県視覚障がい者福祉協会
    3月定期社員総会を開催
 去る3月26日に、郡山ビッグアイ7階 市民交流プラザ(第1会議室)において、平成28年度 公益社団法人福島県視覚障がい者福祉協会 3月定期社員総会を開催しました。
 当日は県内6方部から多くの会員が出席し、委任状を合わせて定足数に達し開催されました。
定期社員総会では、3月定期理事会で慎重に審議された議案、平成29年度の本部事業計画、福島県点字図書館・福島県視覚障がい者生活支援センターの事業計画、収支予算(案)、定款変更等についての議案が、事務局から順次提案されました。慎重な審議の結果、いずれも事務局の原案どおりに承認されました。
当協会では昨年度から引き続き「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師」の免許保有者に対する「厚生労働大臣免許保有証」の発行に関する事務手続きを行います。保有証の発行を希望される視覚障がい者の方は、協会にお問い合わせ下さい。また、パソコン教室などの情報機器の技術習得のための研修会も開催予定ですので、後日お知らせします。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 平成29年4月から盲学校の校名が変わります
 昨年の12月県議会定例会において、県立特別支援学校の校名変更に関する議案(条例改正案)が可決されました。これにより、永年親しまれてきました「福島県立盲学校」の校名が無くなることになります。
 県立盲学校創立、福島県盲人教育創始 百周年機関誌「百年のあゆみ」によれば、「福島県立盲学校」の校名は、昭和50年(1975年)4月の学則改正により誕生しました。それまで郡山市・会津若松市・旧平市にあった盲学校は分校となりました。以来40年余り、多くの卒業生を世に送り出し、本協会にも多くの卒業生が会員として所属し現在も活躍しています。
 平成29年(2017年)4月からは「福島県立視覚支援学校」として、本県の視覚障がい者教育の更なる充実に向けて進むことになります。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ ラジオ福島から音の出る信号機と卓球台が寄贈される
 ラジオ福島のチャリティーミュージックソンからのご支援をいただき、本協会で設置をお願いした交差点で、今年度も「音の出る信号機」が新たに稼働しました。
 場所はJR常磐線いわき駅前のラトブ北西の交差点です。
11月24日の午後に寄贈式が行われ、阿曽会長と地元いわき市の協会会員が参加して渡り初めが行われました。
 また、支援センターにはラジオ福島からSTT(サウンドテーブルテニス)用の新しい卓球台が寄贈されました。
今まで設置されていた卓球台は、平成7年に県内で開催された第31回全国身体障害者スポーツ大会で使用されたものでした。
早速、新品の卓球台を使用し地元福島市の協会会員をはじめ、多くのSTT愛好家の皆さんに使用していただいています。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 長年の要望が実現しました!
    〜入院中の医療機関からの外出・外泊時における同行援護等が可能に〜
 厚生労働省より、6月28日付けで各都道府県に以下の内容が通知されました。
  1 意思疎通を図ることに支障がある障害者等の入院中における
    意思疎通支援事業(地域生活支援事業)の取扱いについて
 この事業対象となる障害の中に、「視覚に障害があるため、意思疎通を図ることに支障がある障害者等」と明記されました。
 また、利用範囲については、入院中においても入院先医療機関と調整の上で、意思疎通支援事業の利用が可能であると明記されています。
 「意思疎通支援事業」は、「点訳、代筆、代読、音声訳等による支援事業など」とされており、意思疎通を図ることに支障がある障害者等と、その他の者の意思疎通を支援すると明記されています。
  2 入院中の医療機関からの外出・外泊時における同行援護等の取扱いについて
 同行援護等の対象となる障害者等が医療機関に入院するときには、入退院時に加え、入院中に医療機関から日帰りで外出する場合、1泊以上の外泊のため医療機関と外泊先を行き来する場合および外泊先において移動の援護等を必要とする場合は、同行援護等を利用することができると明記されました。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 視覚障がい者のための「プレクストーク リンクポケット教室」
 今年度も県共同募金会からの補助金を受けて、「視覚障がい者のためのプレクストーク リンクポケット教室」を開催します。講習会の日程や会場など詳細が決まり次第ご連絡します。
また、本年度も「パソコンの訪問指導」を行っています。訪問指導を希望される方は、当協会の事務局(県視覚障がい者生活支援センター)にご相談ください。 
  ☆ 賛助会員を募集しています
 当協会は、県内約6,000人の視覚障がい者のうち、220名あまりが入会して、県内外の視覚障がい者の福祉向上のために活動しています。
具体的な活動は、県点字図書館の管理運営、県視覚障がい者生活支援センターの業務、自立のための情報提供、社会参加を支援する研修会の開催、視覚障がい者スポーツの振興などです。このような活動を行うため、広く県民の皆さまに温かいご支援をお願いしています。詳しくは協会事務局にお問い合わせください。
■賛助会費 個人    1口3,000円以上
企業・団体 1口5,000円以上
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 第69回全国盲人福祉大会(青森大会)に参加
 5月20日から22日まで、青森県青森市のリンクステ−ションホール青森において、第69回全国盲人福祉大会青森大会が開催され、本会からは阿曽会長をはじめ37名が参加しました。
 大会には全国から約1,500名が参加し、20日は日盲連評議員会、あはきとスポーツの全国代表者会議、21日は全国盲人代表者会議と分科会(生活・バリアフリー・職業)が開催されました。22日には多数のご来賓を迎えて、第69回全国盲人福祉大会が開催され、大会宣言と12項目にわたる大会決議が満場一致で採択されました。
 全国盲人福祉大会の検討内容は、本県の視覚障がい者の福祉向上にも役立てていきたいと考えています。
  ☆ 「厚生労働大臣免許保有証」の発行について
 「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師」の免許保有者に対する「厚生労働大臣免許保有証」の発行に関する事務手続が、7月1日(金)から8月31日(水)まで行われます。
事務手続きがやや煩雑なため、「免許保有証」の発行を希望される視覚障がい者の方は、早めに本福祉協会にお問い合わせください。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 平成27年度公益社団法人福島県視覚障がい者福祉協会3月定期社員総会を開催
 3月27日に、郡山ビッグアイ7階市民交流プラザ(第1会議室)において、平成27年度の3月定期社員総会を開催しました。
 県内6方部から46名が出席して、委任状を合わせて定足数に達したため、総会が成立しました。
定期社員総会では、3月定期理事会で審議された議案、平成28年度の本部事業計画、福島県点字図書館・福島県視覚障がい者生活支援センターの事業計画、収支予算(案)についての議案が、事務局から順次提案されました。慎重な審議の結果、いずれも事務局の原案どおりに承認されました。
 平成28年度の新規事業としては、「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師」の免許保有者に対する「厚生労働大臣免許保有証」の発行に関する事務手続きを行う事になりました。保有証の発行を希望される視覚障がい者の方は、協会にお問い合わせください。
 また、昨年度に引き続き、パソコン教室およびプレクストークリンクポケット講習会も開催予定です。詳しくは後日お知らせします。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ マイナンバー制度に係る視覚障がい者への対応について
 平成27年10月から個人番号の郵送による通知が始まり、平成28年1月から個人番号の利用や希望者に対する個人番号カードの交付が始まりました。それに伴い、社会保障や税金などに関する書類に、マイナンバーを記入することになりました。
 視覚障がい者に対する対応については、総務省や厚生労働省からの通知のほか、福島県障がい福祉課からも以下の通知が出ています。
  1 代読について
 視覚障害を有する方から個人番号の代読の要請があった場合、代読を行う補助者に対して個人番号を提供する行為は、番号法第19条で禁止されている個人番号の提供には当たりません。ただし、代読した個人番号をメモや録音することは、番号法第20条に抵触する可能性がありますのでご留意ください。
 ※番号法第19条では、法令に定める場合を除き、個人番号を提供してはならないと定められています。また、番号法第20条では、法令に定める場合を除き、他人の個人番号を収集してはならないと定められています。
  2 個人番号を自ら記載できない場合について 
 補助者は、通知カードや個人番号カードに記載された個人番号を代筆するなど、適切な対応をお願いします。
 その他、詳細については、福島県ホームページ「福島県 障がい福祉」で検索してください。 
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 音の出る信号機と音声誘導装置が県内2カ所で新たに稼働
 ラジオ福島のチャリティーミュージックソンからのご支援をいただき、今年度も「音の出る信号機と音声案内装置」が県内2カ所で新たに稼働しました。いずれも本協会が設置をお願いした場所です。
 「音の出る信号機」は、郡山市横塚地区内の交差点に設置されました。場所は郡山駅の北東で、東部道路(東部幹線)と美術館通りの交差点です。12月2日に贈呈式が行われ、阿曽会長と地元郡山の協会会員が参加し、渡り始めの式が行われました。
 今回の設置により、県内の「音の出る信号機」は157台となりました。
 「音声案内装置」は、福島空港の空港ビルを出たところに設置されました。12月14日に阿曽会長も参加し贈呈式が行われ、稼働しました。
 交通案内などを音声で知らせることができるようになり、福島空港を利用する視覚障がい者にとって、便利になりました。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 視覚障がい者のためのパソコン教室を開催
 今年度も福島県からの委託を受けて「視覚障がい者パソコン教室」と、福島県共同募金会からの補助金を受けて「プレクストークリンクポケット教室」を開催します。場所は福島市の福島県点字図書館を、期日は平成28年1月と2月を予定しています。
 「視覚障がい者パソコン教室」では、ネットリーダーの活用法とYouTube動画の検索方法を、「プレクストークリンクポケット教室」ではリンクポケット使用方法を学びます。
 日程の詳細が決まり次第、協会ホームページなどでお知らせします。参加を希望する人は、本福祉協会(県視覚障がい者生活支援センター内)にお問い合わせください。
 また、「パソコンの訪問指導」も行っていますので、希望する人は、本福祉協会(県視覚障がい者生活支援センター内)にご相談ください。 
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 情報誌「語り継ぐ 未来への友歩動」について
 あの東日本大震災の教訓を後世に残そうと、社会福祉法人日本盲人会連合と東北盲人会連合が協力して、「東日本大震災視覚障がい者復興支援プロジェクト実行委員会」を立ち上げました。年に数回の会議を開催し被災視覚障がい者への支援の在り方、語り部活動、機関誌の発行、行政への要望事項の進捗状況などを報告しています。その活動の一環として「大震災における視覚障がい者の体験を風化させることなく、未来永劫に語り継ぎ、周囲の地域住民である友人とともに、未来に向けて歩み出そう」との趣旨のもと情報誌を発行しています。
 現在まで5巻が発刊されました。特に、2014年1月末に発刊された「第3号」は福島編であり、阿曽会長の巻頭言と南相馬市の三上サト子さんと矢島秀子さんの体験談が掲載されています。また、東日本大震災の教訓を学びたいと、全国各地から「語り部の会」の依頼も数多くあり、被災者から選ばれた「語り部」の皆さんが、全国に派遣され講演会活動を行っています。
  ☆ 会員拡大について
 当協会は、県内6,100人の視覚障がい者の中の220人あまりが入会し組織され、県内外の視覚障がい者の福祉向上のために活動しています。具体的には県点字図書館の管理運営、県視覚障がい者生活支援センターでの相談業務、自立のための各種情報の提供、社会参加を支援する各種研修会の開催、視覚障がい者スポーツの振興などです。このような活動を行うため、会員および賛助会員の募集を行っています。
 詳しくは、協会事務局へお問い合わせください。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 1.視覚障がい者音声誘導装置の贈呈式が行われる
 当会でも要望していた視覚障がい者音声誘導装置が、いわき市のJR湯本駅前に設置され、4月21日より運用を開始しました。寄贈式には阿曽幸夫会長が出席しました。この装置は、JR湯本駅前のバスやタクシー乗り場までを、距離や方向などを音声で知らせる装置です。
  ☆ 2.視覚障がい者のためのリンクポケット教室を開催
 今年度も福島県共同募金会からの補助金を受けて、視覚障がい者のための「リンクポケット教室」を開催します。場所や日程は後日お知らせします。また、3年前から実施している「訪問指導」も行っていますので、希望される方は、本福祉協会(県視覚障がい者生活支援センター内)にご相談ください。
  ☆ 3.第68回全国盲人福祉大会(岐阜大会)に参加
 5月29日から31日まで、岐阜県岐阜市において第68回全国盲人福祉大会が、岐阜都ホテルと長良川国際会議場で開催され、当会からは阿曽会長をはじめ4名が参加しました。
 大会には全国から約1,500名が参加し、29日は日盲連評議員会、30日は全国盲人代表者会議と分科会(生活・バリアフリー・職業)が開催されました。また、31日には塩崎厚生労働大臣をはじめ多数のご来賓を迎えて、大会式典が開催され、大会宣言と11項目にわたる大会決議が満場一致で採択されました。
 全国盲人福祉大会の検討内容は、本県の視覚障がい者の福祉向上に役立てていきたいと考えています。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 3月定期社員総会を開催
 3月29日に、郡山ビッグアイ7階市民交流プラザ(第1会議室)において、午前10時から平成26年度公益社団法人福島県視覚障がい者福祉協会3月定期社員総会を開催しました。
 ぽかぽか陽気の中、県内6方部から53名が出席しました。委任状を合わせて定足数に達しました。
 定期社員総会では、3月定期理事会で慎重に審議された、平成27年度の本部事業計画、福島県点字図書館・福島県視覚障がい者生活支援センターの事業計画、収支予算(案)についての議案が、事務局から順次提案されました。慎重な審議の結果、いずれも事務局の原案どおりに承認されました。
 平成27年度は、同行援護従事者養成研修会、職業自立講習会、パソコン講習会など各種講習会を開催して社会参加を一層推進するとともに、昨年に引き続き放射線被害を防ぐために音声線量計の普及にも努めます。詳細が決まりましたら随時お知らせします。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 外出を支援する同行援護制度について
 視覚障がい者の外出には多くの危険が伴っています。国の障害者総合支援法には同行援護制度が規定されており、移動支援や外出先での買い物などの支援、代筆・代読のサービスを受けることができます。これらのサービスは同行援護事業所で提供しますが、そこに従事する従業者の養成は本協会でも行っており、これまで約180人が受講し資格を取得しました。
 平成27年度の同行援護従業者養成研修は、5月にいわき市、7月に福島市、9月に会津若松市で開催する予定です。受講を希望する人は、本協会にお問い合わせください。
 ※市町村によっては、同行援護事業所がない地域もあります。お住まいの市町村の住民福祉(障がい福祉)担当窓口で、サービスを受けることができるか相談してみましょう。
  ☆ 歩行スキルアップセミナーとスキンケアセミナー
 昨年12月に、歩行訓練士による歩行スキルアップセミナーを開催しました。参加者は、これまでの自己流の歩行技術を見直し、白杖の使用法と歩行の基本を身に付けることができました。
 また、1月には、東京の美容研究所の講師によるスキンケアセミナーを開催しました。女性の参加者はメイクアップの方法を学び、男性の参加者は肌の手入れを学びました。セミナーでは講師の先生から実際に肌のケアをしていただき、参加者は明るい表情で帰って行きました。これらのセミナーは、平成27年度も予定しています。ぜひご参加ください。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  1 視覚障がい者のためのパソコン教室を開催します
 今年度も県共同募金会からの補助金を受けて、視覚障がい者のためのパソコン教室を開催します。場所や日程は後日お知らせします。また、「パソコンの訪問指導」も行っています。希望する人は、本協会(県視覚障がい者生活支援センター内)にご相談ください。 
  2 第54回東北盲人福祉大会(福島大会)を開催しました
 昨年の11月8日・ 9日、福島市飯坂温泉で、第54回東北盲人福祉大会(福島大会)を本協会の主催で開催。東北各地から約200人が参加しました。
 8日には代表者会議、女性部長会議、青年部長会議、代議員総会、研修会を、9日には社会福祉法人日本盲人会連合の竹下義樹(たけした よしき)会長の基調講演と、多くのご来賓を迎えて大会を開催しました。大会では、大会宣言と12項目の大会決議が満場一致で採択されました。来年度は、岩手県で開催されます。
 本大会の決議事項は、本県をはじめ東北各地の視覚障がい者の福祉向上に役立てていきたいと考えています。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。




戻る