視覚障がい者福祉協会だより

  ☆ 2月7日、最高裁判所第二小法廷で判決が言い渡される
 以前にもこの紙面で数回にわたりお知らせしてきましたが、視覚障がい者である本福祉協会会員をはじめ、全国の視覚障がい者が生活の糧としている「あん摩マッサージ指圧」の職域をめぐって、裁判が行われていました。
 この裁判では、視覚障がい者の就労保護を理由に、法律により「あん摩マッサージ指圧師」の養成施設の新設が規制されています。この法律の規定が、憲法の職業選択の自由に違反するか否かで争われていました。
 東京高等裁判所、仙台高等裁判所、大阪高等裁判所では、私たちが支援する被告(厚生労働省)の主張(規定は合憲である)が認められる判決が出ましたが、原告は、この判決を不服として最高裁判所へ上告しました。
 2月7日、最高裁判所第二小法廷(菅野博之裁判長)で判決が言い渡されました。判決では、二審の判断(規定は合憲である)が支持されました。
 今日まで、多くの皆さまにご理解とご支援をいただき、署名活動や資金カンパをお願いしてきました。本当にありがとうございました。皆さまのお力添えで全国の視覚障がい者の職域を守ることができました。改めて感謝申し上げます。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 同行援護従業者養成研修を実施
 令和3年度「同行援護従業者養成研修」を福島市といわき市で実施しました。
 この研修会の目的は、「視覚障がい者の外出活性化のため、移動時の情報提供、移動援護、移動先での排せつ、食事などの介護の一般的な研修を実施し、同行援護に必要な知識や技術を習得する」ことです。
 福島市は福島県点字図書館を会場に、9月25日〜10月30日までの土日で6日間、いわき市はいわきサン・アビリティーズを会場に、11月6日〜11月21日までの間で6日間行いました。それぞれの会場で、一般課程は4日間、応用課程は2日間、合計6日間の研修日程でした。
 この研修も、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け昨年度は実施できず、2年ぶりとなりましたが、県内各地から多くの受講生が集まりました。
 今回の研修で福島会場では、地元の福島市と福島交通、JR福島駅のご理解をいただき、福島駅西口のエスカレーターを使用しての乗降演習や、路線バス・飯坂電車を使用しての乗降演習を行うことができました。
 また、いわき会場では、地元いわき市と新常磐交通のご理解をいただき、いわき駅南口のエスカレーターとエレベーターを使用しての乗降演習や、路線バスや観光バスを使用しての乗降演習を行うことができました。改めて、多くの皆さまのご理解とご協力に感謝いたします。
 来年度は、会津地区での開催を検討しています。研修会の開催地区や内容についてのご意見やご要望をお聞かせください。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 「音の出る信号機と音声案内装置」の設置場所が決まる
 今年度もラジオ福島の「通りゃんせ基金キャンペーン」からのご支援をいただき、「音の出る信号機と音声案内装置」が本協会でお願いした2カ所に、新たに設置されることが決まりました。
 「音の出る信号機」が新たに設置される場所は、須賀川市内の高久田境交差点で、県内2機目のLED式音響信号機が併設されます。
 「音声案内装置」が新たに設置される場所は、伊達市の阿武隈急行保原駅前です。設置時期は、現在のところ未定です。
 あわせて、郡山市の文化センター前交差点の「音の出る信号機」の改修もしていただけることになりました。近くを訪れた際には、ぜひご利用ください。
 また、来年度の設置に向けて、「音の出る信号機」や「音声案内装置」の設置希望場所を募集しています。多くの皆さまのご要望をお聞かせください。お待ちしています。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 公益社団法人福島県視覚障がい者福祉協会の定時総会で役員改選
 去る5月30日、福島県点字図書館を会場に、令和3年度 公益社団法人 福島県視覚障がい者福祉協会の定時総会が行われました。
 川崎副会長の開会のことばで始まり、阿曽会長のあいさつに続き、阿曽会長を議長に、令和2年度の事業報告、活動決算書報告、会計監査報告が提案され審議の結果、原案どおり承認されました。続いて、令和3年度事業計画、活動予算書が提案され審議の結果、原案どおり承認されました。
 引き続き役員改選が行われました。審議の結果、理事には阿曽幸夫氏、川崎栄一氏、関口徳成氏ら13名が理事として選任されました。
 直ちに理事会が招集され、監事立ち会いのもと、13名の理事の中から阿曽幸夫氏(会長)、川崎栄一氏(副会長)、関口徳成氏(副会長)、金子久雄氏(副会長・事務局長・専務理事)が代表理事に選任されました。理事の任期は2年間になります。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 結成70周年記念行事の中止を決定
 昨年度から延期になり、本年5月30日(日)に開催を計画していました、本福祉協会の結成70周年記念式典、記念講演会は、新型コロナ感染拡大への懸念から、過日の理事会において種々検討した結果、断腸の思いではありますが、行事の中止が決まりました。一連の記念事業の開催に向けて準備してくださいました全ての方々に、厚く感謝申し上げます。
 今後は、準備が整い次第、会員の皆さま、来賓の皆さま、感謝状贈呈者の皆さま、寄附者の皆さまに、記念誌や表彰状の発行をもって、記念事業としたいと思います。
 また、本年度も「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師」の免許保有者に対する「厚生労働大臣免許保有証」の発行に関する事務手続を行います。申込期間は、本年7月1日(木)から8月31日(火)までです。事務手続きがやや煩雑なため、「免許保有証」の発行を希望される視覚障がい者の方は、早めに本福祉協会にお問い合わせください。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 結成70周年を迎えました
 令和2(2020)年1月31日、公益社団法人 福島県視覚障がい者福祉協会は、結成70周年を迎えることができました。 これもひとえに、皆さまの御理解と御支援のたまものと深く感謝いたします。
 思い起こせば、戦後の混乱の真っ最中であった昭和25(1950)年1月31日、思慮深い先人達により、視覚障がい者の公民権の獲得、社会参加と安定した幸せな生活の実現などを願い結成されました。
 協会としましては、令和2(2020)年5月に結成70周年記念式典や記念講演会、祝賀会の開催と記念誌の発行を予定していましたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、やむを得ず令和3(2021)年5月に延期することにしました。
 しかし、全国的にも新型コロナウイルス感染拡大に、歯止めがかからない状況が続いています。今後とも新型コロナウイルス感染症の状況を注視しながら、記念式典等の開催について、慎重に検討していきたいと考えています。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ ラジオ福島から「音の出る信号機」が寄贈される
 今年度もラジオ福島の「通りゃんせ基金キャンペーン」からのご支援をいただき、「音の出る信号機」が本協会でお願いした交差点2カ所に、新たに設置されました。
 贈呈式は例年と異なり、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、現地ではなく県庁内で関係者だけで行われました。本会からは、阿曽会長が出席し感謝の言葉を述べました。
 新たに設置された場所は、郡山市のJR郡山駅前西の横断歩道と、白河市のJR新白河駅前通り第一交差点です。11月上旬から稼働しています。
 また音声案内装置は、JR本宮駅前に設置される予定です。近くを通られた際には、ぜひ、ご利用ください。
 なお、来年度の設置に向けて、「音の出る信号機」や「音声案内装置」の設置希望場所を募集しています。多くの皆さまのご要望をお聞かせください。お待ちしています。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 「音の出る信号機」と「音声案内装置」の設置場所が決まる
 今年度もラジオ福島のラジオ・チャリティー・ミュージックソンからのご支援をいただき、本協会でお願いした場所に「音の出る信号機」が2カ所、「音声案内装置」が1カ所、新たに設置されることとなりました。
 設置される場所は、「音の出る信号機」が新白河駅東口と郡山駅西口の各交差点で、「音声案内装置」は本宮駅前です。
 今年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、設置場所の選定作業が遅れ、信号機や案内装置は現在、設置されていません。後日、設置され稼働し始めたら改めてお知らせしますので、近くを通られた際には、ぜひ、ご利用ください。
 また、来年度の設置に向けて、「音の出る信号機」や「音声案内装置」の設置希望場所をお知らせください。皆さまのご要望をお待ちしています。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

 以前にもこの紙面でお知らせしましたが、視覚障がい者である本福祉協会会員をはじめ、全国の視覚障がい者が生活の糧としている「あん摩マッサージ指圧」の職域を巡って、現在、東京・大阪・仙台で裁判が行われています。東京地裁と大阪地裁では、被告側(厚生労働省)の主張が認められる判決が出ましたが、原告側(平成医療学園)は判決を不服として、それぞれの高等裁判所へ控訴を行いました。
 仙台地裁でも4月27日に判決が言い渡される予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で、6月8日に判決日が延期となりました。更なる延期が心配されましたが、傍聴者の人数を大幅に制限して、6月8日に裁判が開かれ判決が言い渡されました。判決の内容は「原告の訴えを全て棄却する」とのことでした。東京・大阪に続き、仙台地裁でも被告側(厚生労働省)の主張が認められましたが、原告側(平成医療学園)は、東京、大阪と同様に判決を不服として、仙台高等裁判所へ控訴を行いました。
 原告側(平成医療学園)が控訴したことにより、「あん摩マッサージ指圧」の職域を巡る裁判は、再び司法の場にその判断を委ねることになりました。
 私達は「あん摩マッサージ指圧」の職域が過剰な晴眼者の進出により、全国の視覚障がい者の生活の糧が奪われないようにするために、広く皆さまのご理解とご支持をいただき、全国の視覚障がい者関係団体だけでなく、さまざまな団体との連携の下に国(厚生労働省)が勝訴するために全力を尽くしていきたいと考えています。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 公益社団法人福島県視覚障がい者福祉協会の定時総会を開催
 去る5月30日、福島県点字図書館を会場に、令和2年度公益社団法人福島県視覚障がい者福祉協会の定時総会が行われました。
 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、参加者は例年より少人数でしたが、阿曽会長を議長に、令和元年度の事業報告、活動計算書報告、会計監査報告が提案され審議の結果、事務局の原案どおり承認されました。続いて、令和2年度事業計画、活動予算書が提案され審議の結果、事務局の原案どおり承認され、令和2年度が実質スタートしました。
 本年度も「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師」の免許保有者に対する「厚生労働大臣免許保有証」の発行に関する事務手続を行うことになりました。申込期間は、本年7月1日(水)から8月31日(月)までです。事務手続がやや煩雑なため、「免許保有証」の発行を希望される視覚障がい者の方は、早めに本福祉協会にお問い合わせください。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 令和元年度 公益社団法人福島県視覚障がい者福祉協会理事会を開催
 去る3月22日、県点字図書館において、午前10時から令和元年度 県視覚障がい者福祉協会理事会を開催しました。
 理事会では、令和2年度の本部事業計画、県点字図書館・県視覚障がい者生活支援センターの事業計画、活動予算書(案)、福祉協会結成70周年記念事業などについての議案が、事務局から順次提案され、慎重な審議の結果、いずれも事務局の原案どおりに承認されました。
 事業計画の中では、令和2年5月に予定していました協会結成70周年記念事業を、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、次年度への延期が決定されました。ただし、記念誌は今年度内に発行するよう準備を進めることになりました。
 また、「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師」の免許保有者に対する「厚生労働大臣免許保有証」の発行に関する事務手続きも引き続き行いますので、希望される視覚障がい者の方は、当協会にお問い合わせください。
 さらに、支援センターにおけるパソコン教室や、パソコン訪問指導も昨年度に引き続き行う予定ですので、希望される方は協会にお問い合わせください。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ あはき裁判
 以前にもこの紙面でお知らせしましたが、視覚障がい者である本福祉協会会員をはじめ、全国の視覚障がい者が生活の糧としている「あん摩マッサージ指圧」の職域を巡って、現在、東京・大阪・仙台で裁判が行われています。
 その中で最も早く昨年9月に結審した東京地裁で、昨年12月16日に判決が言い渡されました。東京地裁の古田裁判長は「視覚障がいのある、あん摩マッサージ指圧師の生計維持が、困難とならないようにする目的で、定められたあはき法19条1項を、今なお維持する立法府の判断は、国会の裁量の範囲内で、著しく不合理とは言えない」と判断し、原告の請求を棄却しました。これにより、被告(国:厚生労働省)の主張が認められ、同時に我々視覚障がい者の主張も認められました。ありがとうございました。
 ただ、残念なことに原告は判決を不服として、昨年12月下旬に控訴の手続きを行ったとの事です。
 私たちは、引き続き今年2月25日の大阪地裁における判決および今年4月27日に予定されている仙台地裁における判決でも、東京地裁の判決と同様、国の主張、同時に私たちの願いと合致する正当な判決が言い渡されることを切望します。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ ラジオ福島から「音の出る信号機」が寄贈される
 今年度もラジオ福島のチャリティーミュージックソンからのご支援をいただき、「音の出る信号機」が本協会でお願いした交差点2カ所に、新たに設置され稼働しました。
 設置された場所は、福島市黒岩のヤクルト本社福島工場と竹田眼科クリニックの交差点です。11月19日の午後に寄贈式が行われ、阿曽会長と地元福島市の協会会員ら20名余りが参加し、渡り初めが行われました。
 そして2カ所目は、会津若松市材木町の西若松駅西側で、大東銀行材木町支店前の交差点にも設置されました。近くを通られた際には、ぜひ利用してください。
 また、来年度の設置に向けて、「音の出る信号機」や「音声誘導装置」の設置希望場所をお知らせください。皆さまからのご要望をお待ちしています。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 「あん摩師等法19条裁判のその後について」
 以前にもこの紙面でお知らせしましたが、視覚障がい者である本福祉協会会員をはじめ、全国の視覚障がい者が生活の糧としている「あん摩マッサージ指圧」の職域を巡って、現在、東京・大阪・仙台で裁判が行われています。
 本年10月現在で東京地裁で14回、大阪地裁で15回、仙台地裁で14回の口頭弁論が開かれました。
 そして、9月5日に開かれた第14回口頭弁論で東京地裁での裁判が結審し、12月16日に判決が言い渡されることになりました。我々も、また全国の視覚障がい者、支援してくださっている個人や団体も、判決の行方に重大な関心をもって注目しています。
 また、仙台地裁も次回12月2日の第15回口頭弁論を控え、大きな局面を迎えることが予想されます。
 障害者雇用促進法が施行された今日においても、視覚障がい者の職域は依然として狭く、視覚障がい者の一般雇用率は極めて低位のまま推移しており、あん摩マッサージ指圧業は視覚障がい者の中心的職種です。
 視覚障がい者の職業選択の自由が未だ実現していない中で、裁判に敗訴するようなことがあれば、あん摩マッサージ指圧業の分野からも視覚障がい者が実質的に閉め出されることとなり、視覚障がい者の就労を通じた自立を奪う結果となることは必定です。
 私達はそうした事態を回避するために、広く皆さまのご理解とご支持を得て、全国の視覚障がい者関係団体だけでなく、さまざまな団体との連携の下に国(厚生労働省)が勝訴するために全力を尽くしていきたいと考えています。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 「あん摩師等法19条裁判のその後について」
 昨年度のこの時期に、仙台地方裁判所で審議されている裁判をお伝えしました。
 この裁判の経緯は繰り返しになりますが、大阪に本部がある「平成医療学園」が、平成27年9月に晴眼者のあん摩マッサージ指圧師養成課程の新設を国(厚生労働省)に申請しましたが、平成28年2月に厚生労働大臣は「認定しない」との行政処分を出しました。これを不服として東京・大阪・仙台で訴訟を起こし、その訴状には「あん摩師等法第19条」の規定は、憲法第22条の「職業選択の自由に違反している」とあります。
 仙台地裁では、現在までに13回の口頭弁論が行われています。79席の傍聴席に対し、毎回80名余りの視覚障がい者らが東北各地をはじめ首都圏から集まり、傍聴席で裁判の行方を静かに見守っています。裁判が最も進んでいる東京地裁では、原告・被告双方の主張がほぼ出そろい、今年中には判決が言い渡されるのではないかと言われています。
 私たちは将来にわたり視覚障がい者の天職と言われる「あん摩マッサージ指圧」の職域を守るため、広く県民の皆様のご理解とご支持を得て、全国の視覚障がい者関係団体だけでなく、さまざまな団体との連携の下、国(厚生労働省)が勝訴するまで、全力を尽くして支援していきたいと考えています。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 令和元年度定時総会開催
 5月19日、郡山駅前のビッグアイを会場に、令和元年度の定時総会が行われました。
 川崎副会長の開会のことばで始まり、阿曽会長の挨拶と続きました。引き続き、阿曽会長を議長に、平成30年度の事業報告、活動計算書報告、会計監査報告が提案され審議の結果、事務局の原案どおり承認されました。続いて、平成31(令和元)年度事業計画、活動予算書が提案され審議の結果、事務局の原案どおり承認されました。
 引き続き役員改選が行われました。理事への立候補者はなく阿曽幸夫氏、川崎栄一氏、関口徳成氏ら14名が理事として、赤間信哉氏、佐瀬由紀子氏、佐藤秀州氏の3名が監事として選任されました。
 直ちに理事会が招集され、監事立ち会いのもと、14名の理事の中から、阿曽幸夫氏(会長)、川崎栄一氏(副会長)、関口徳成氏(副会長)、金子久雄氏(副会長)が代表理事に、中村雅彦氏が専務理事に選任されました。理事の任期は2年間、監事は4年間になります。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 平成30年度 公益社団法人福島県視覚障がい者福祉協会理事会を開催
 去る3月24日、福島県点字図書館において、午前10時から平成30年度 公益社団法人福島県視覚障がい者福祉協会 理事会を開催しました。
 昨年度から定款が改正され、今まで開催してきた3月の定時総会を発展的に解消し、この理事会で来年度の事業計画、活動予算書(案)などが審議されることになり、2年目になりました。
 理事会では、令和元年度の本部事業計画、福島県点字図書館・福島県視覚障がい者生活支援センターの事業計画、活動予算書(案)などについての議案が、事務局から順次提案され、慎重な審議の結果、いずれも事務局の原案どおりに承認されました。
 令和元年度の事業としては、令和2年に当協会の結成70周年記念事業を行う事になり、そのための準備委員会を随時開催することになりました。また、「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師」の免許保有者に対する「厚生労働大臣免許保有証」の発行に関する事務手続きも引き続き行いますので、希望される視覚障がい者の方は、当協会にお問い合わせください。
 また、支援センターにおけるパソコン教室や、パソコン訪問指導も昨年度に引き続き行う予定ですので、希望される方は協会にお問い合わせください。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 福祉協会だより
 県視覚障がい者福祉協会では、県障がい福祉課や県共同募金会など、皆様のご理解とご支援をいただき、IT教室(視覚障がい者パソコン教室)や、家庭訪問によるパソコン指導を平成30年度も行ってきました。
 現在の情報化時代にあって、視覚障がい者の大きな味方となるパソコンを、いかに上手に使いこなすかは重要なことです。しかし一朝一夕にはいきませんし、パソコンの操作技術も個人差が非常に大きくなっています。
 そこで、県内に在住する視覚障がい者の皆さんに、パソコン操作に関するお手伝いが少しでもできればと、今年度は支援センターを会場に月1度(原則 第1もしくは第2日曜日)、定期的なパソコン教室を予約制で行いました。毎月、数名の視覚障がい者が来館し、日常のパソコン操作上の疑問点を解決したり、便利な機能を新たに学んだりと有意義な教室開催となりました。
 来年度(平成31年度)も、支援センターを会場に定期的なパソコン教室の開催を予定しています。音声パソコンに限らず、IPHONEやIPAD、プレクストークやリンクポケットなどの相談にも対応したいと思います。また、ロービジョンの皆さんのパソコン操作に関する相談や指導にも取り組みたいと考えています。
 資料の準備や講師の関係等もありますので、興味のある方は4月以降、支援センターにご相談ください。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ ラジオ福島から音の出る信号機とIHジャー炊飯器が寄贈される
 ラジオ福島のチャリティーミュージックソンからのご支援をいただき、今年度も「音の出る信号機」が、本協会で設置をお願いした交差点で新たに稼働しました。場所はいわき市内郷高坂町内の高坂団地入り口(東計電算いわき営業所前)交差点です。11月28日の午前に寄贈式が行われ、阿曽会長と地元いわき市の協会会員が参加し渡り初めが行われました。阿曽会長からは、「今後も設置数が増えて欲しい」と願っている言葉がありました。
 また、支援センターにはラジオ福島から、IHジャー炊飯器が寄贈されました。この炊飯器は三菱電機の製品で、表示もデカ文字で音声ナビによる案内や設定を音声で行えるものです。支援センターの調理室に常設、支援センター主催の調理教室などでも使用しています。多くの方に使い心地を体験していただきたいと思いますので、ご希望の方はご連絡ください。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 第6回福島県視覚障がい者福祉大会を開催
 去る9月30日、郡山市香久池の郡山市障害者福祉センターで、第6回福祉大会を開催しました。
この大会は、日頃から会員の皆さんが不便や不自由を感じている事、また新たな補助具・補装具の開発要望などについて意見を出し合い、その実現に向けて日盲連などの上部団体や行政機関・JRなどに要望書を提出し、協会として運動していくことを目的に開催しています。
 昨年度は、新しいGPSを利用した音声ナビの開発と普及についての要望や、新たな音声信号機を設置する際には、地元の視覚障がい者団体とヒアリングを行い、音声信号機を設置してほしいなどの要望が出され、実現に向けて関係機関に働きかけを行いました。
 今年度は、災害弱者と言われる視覚障がい者の家庭への防災無線の設置や、同行援護に関する要望事項、視覚障がい者生活訓練指導員(歩行訓練士)の配置に関する要望などが出されました。
 特に、視覚障がい者生活訓練指導員(歩行訓練士)の配置に関する要望は、県内のさまざまな団体と協力して昨年度から取り組んできている事項であり、要望が一日でも早く実現できるよう、皆さんと力を合わせて運動していきたいと思います。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 「あん摩師等法19条裁判のその後について」
 昨年度のこの時期に、仙台地方裁判所で審議されている裁判の事をお伝えしました。
繰り返しになりますが、視覚障がい者である本福祉協会会員をはじめ、県内はもとより全国の視覚障がい者が生活の糧としている「あん摩マッサージ指圧」の職域を巡って、現在、東京・大阪・仙台で裁判が行われています。
 この裁判の経緯は、大阪に本部がある「平成医療学園」が、平成27年9月に晴眼者のあん摩マッサージ指圧師養成課程の新設を国(厚生労働省)に申請しましたが、平成28年2月に厚生労働大臣は「認定しない」との行政処分を出しました。これを不服として東京・大阪・仙台で訴訟を起こし、その訴状には「あん摩師等法第19条」の規定は、憲法第22条の「職業選択の自由に違反している」とあります。
 仙台地裁では、現在までに8回の口頭弁論が行われています。79席の傍聴席に対し、毎回80名余りの視覚障がい者が東北各地をはじめ首都圏からも集まり、傍聴席で裁判の行方を静かに見守っています。
 私達は将来にわたり視覚障がい者の天職と言われる「あん摩マッサージ指圧」の職域を守るため、広く県民の皆さまのご理解とご支持を得て、全国の視覚障がい者関係団体だけでなく、さまざまな団体との連携のもと、国(厚生労働省)が勝訴するため全力を尽くしていきたいと考えています。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 平成30年度 定時総会を開催
 5月27日 郡山ビッグアイにおいて、平成30年度定時総会を県内6方部から会員が参加し開催しました。
 5月12日 に理事会で審議された、平成29年度各種報告と平成30年度各種計画等の議案について、事務局から提案し承認されました。この総会をもって平成30年度が実質的にスタートしました。
 前号でお知らせしましたが、支援センターを会場に定期的なパソコン教室を開催します。また、音声パソコンに限らず、iPhoneやiPad、ロービジョンの皆さんのパソコン操作に関する相談や指導も行いますので、支援センターにご相談ください。
 昨年に引き続き「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師」の免許保有者に対する「厚生労働大臣免許保有証」の発行に関する事務手続が、7月1日(日)から8月31日(金)まで行われることになりました。事務手続きがやや煩雑なため、「免許保有証」の発行を希望される視覚障がい者の方は、早めに当福祉協会にお問い合わせください。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 平成29年度 公益社団法人福島県視覚障がい者福祉協会理事会を開催
 去る3月25日、福島県点字図書館において、午前10時から平成29年度 公益社団法人福島県視覚障がい者福祉協会 理事会を開催しました。
 今年度から定款が改正され、今まで開催してきた3月の定時総会を発展的に解消し、理事会で来年度の事業計画、活動予算書(案)等が審議されることになりました。
 理事会では、平成30年度の本部事業計画、福島県点字図書館・福島県視覚障がい者生活支援センターの事業計画、活動予算書(案)等についての議案が、事務局から順次提案され、慎重な審議の結果、いずれも事務局の原案どおりに承認されました。
 平成30年度の事業としては、昨年度に引き続き「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師」の免許保有者に対する「厚生労働大臣免許保有証」の発行に関する事務手続きを行う事になりました。保有証の発行を希望される視覚障がい者の方は、協会にお問い合わせ下さい。
 また、支援センターにおけるパソコン教室や、パソコン訪問指導も昨年度に引き続き行う予定ですので、希望される方は協会にお問い合わせください。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 福祉協会だより
 福祉協会では、県障がい福祉課や福島県共同募金会、県視覚障がい者生活支援センターなど、多くの皆様のご理解とご支援をいただき、IT教室(パソコン教室など)や訪問指導を平成29年度も行ってきました。
 現在のような情報化時代にあって、視覚障がい者の大きな味方であるパソコンを、どのように上手に使いこなすかは重要なことです。でも一朝一夕にはいきません。
 そこで、県内に在住する視覚障がい者の皆さんに、パソコン操作に関するお手伝いが少しでもできればと、今年度は初めての試みとして、支援センターを会場に月1度(原則 第1もしくは第2日曜日)、定期的なパソコン教室を予約制で行いました。毎月、数名の視覚障がい者が来館し、日常のパソコン操作上の疑問点を解決したり、便利な機能を新たに学んだりと有意義な教室開催となりました。
 来年度(平成30年度)も、支援センターを会場に定期的なパソコン教室の開催を行います。また、音声パソコンに限らず、iPhoneやiPad、ロービジョンの皆さんのパソコン操作に関する相談や指導にも取り組みたいと考えています。
 但し、資料の準備や講師の関係もありますので、興味のある方は4月以降、支援センターにご相談ください。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ ラジオ福島から音の出る信号機と卓上型対話支援システムが寄贈される
 ラジオ福島のチャリティーミュージックソンからのご支援をいただき、今年度も「音の出る信号機」が新たに稼働しました。場所は本宮市本宮中條地区内で本宮駅前通りと旧奥州街道の交差点です。11月29日の午前に寄贈式が行われ、阿曽会長と地元本宮市の協会会員が参加し渡り初めが行われました。会長は「視覚障がい者にとって移動は最も大変で、音の出る信号機により安全が守られる」と感謝の意を表しました。これでラジオ福島による設置数は159基になります。
 また、支援センターにはラジオ福島から、卓上型対話支援システムが寄贈されました。このシステムは専用のマイクと小型のスピーカーからなり、難聴の方との対話に使用します。指向性がある小型のスピーカーを難聴の方の前に置くだけで、専用のマイクからの音声を聞き取れる装置です。周囲への音漏れによる影響が少なく、センターを訪れる方に試聴していただきましたが大変好評です。支援センターにお見えの際には、ぜひ試聴してみてください。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 第5回福祉大会を開催
 去る9月24日、郡山市香久池の「郡山市障害者福祉センター」で、第5回福祉大会を開催しました。
 この大会は、日頃、会員の皆さんが不便や不自由を感じている事、また新たな補助具・補装具の開発希望等々について意見を出し合い、その実現に向けて日盲連等の上部団体や行政機関・JRなどに要望書を提出し、協会として運動していくことを目的に開催しています。
 首都圏での痛ましい視覚障がい者のホームからの転落死亡事故を受けて、JR・私鉄などの駅ホームの安全対策についての要望が出され、上部団体である東北盲人会連合としてJR仙台支社に安全対策の要望書を提出しました。また、県内に視覚障がい者生活訓練指導員として歩行訓練士の配置要望が出され、福島県ロービジョンネットワークなどの他団体と共同で福島県に要望書を提出し、担当部署との話し合いの機会を持つことができました。
 今年度は、新しいGPSを利用した音声ナビの開発と普及についての希望と、新たな信号機の設置に関して、地元の視覚障がい者団体とヒアリングを行い、音声信号機を設置して欲しいなどの要望が出され、実現に向けて関係機関に働きかけを行いたいと思います。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。




戻る