視覚障がい者福祉協会だより

  ☆ 平成29年度 公益社団法人福島県視覚障がい者福祉協会理事会を開催
 去る3月25日、福島県点字図書館において、午前10時から平成29年度 公益社団法人福島県視覚障がい者福祉協会 理事会を開催しました。
 今年度から定款が改正され、今まで開催してきた3月の定時総会を発展的に解消し、理事会で来年度の事業計画、活動予算書(案)等が審議されることになりました。
 理事会では、平成30年度の本部事業計画、福島県点字図書館・福島県視覚障がい者生活支援センターの事業計画、活動予算書(案)等についての議案が、事務局から順次提案され、慎重な審議の結果、いずれも事務局の原案どおりに承認されました。
 平成30年度の事業としては、昨年度に引き続き「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師」の免許保有者に対する「厚生労働大臣免許保有証」の発行に関する事務手続きを行う事になりました。保有証の発行を希望される視覚障がい者の方は、協会にお問い合わせ下さい。
 また、支援センターにおけるパソコン教室や、パソコン訪問指導も昨年度に引き続き行う予定ですので、希望される方は協会にお問い合わせください。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 福祉協会だより
 福祉協会では、県障がい福祉課や福島県共同募金会、県視覚障がい者生活支援センターなど、多くの皆様のご理解とご支援をいただき、IT教室(パソコン教室など)や訪問指導を平成29年度も行ってきました。
 現在のような情報化時代にあって、視覚障がい者の大きな味方であるパソコンを、どのように上手に使いこなすかは重要なことです。でも一朝一夕にはいきません。
 そこで、県内に在住する視覚障がい者の皆さんに、パソコン操作に関するお手伝いが少しでもできればと、今年度は初めての試みとして、支援センターを会場に月1度(原則 第1もしくは第2日曜日)、定期的なパソコン教室を予約制で行いました。毎月、数名の視覚障がい者が来館し、日常のパソコン操作上の疑問点を解決したり、便利な機能を新たに学んだりと有意義な教室開催となりました。
 来年度(平成30年度)も、支援センターを会場に定期的なパソコン教室の開催を行います。また、音声パソコンに限らず、iPhoneやiPad、ロービジョンの皆さんのパソコン操作に関する相談や指導にも取り組みたいと考えています。
 但し、資料の準備や講師の関係もありますので、興味のある方は4月以降、支援センターにご相談ください。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ ラジオ福島から音の出る信号機と卓上型対話支援システムが寄贈される
 ラジオ福島のチャリティーミュージックソンからのご支援をいただき、今年度も「音の出る信号機」が新たに稼働しました。場所は本宮市本宮中條地区内で本宮駅前通りと旧奥州街道の交差点です。11月29日の午前に寄贈式が行われ、阿曽会長と地元本宮市の協会会員が参加し渡り初めが行われました。会長は「視覚障がい者にとって移動は最も大変で、音の出る信号機により安全が守られる」と感謝の意を表しました。これでラジオ福島による設置数は159基になります。
 また、支援センターにはラジオ福島から、卓上型対話支援システムが寄贈されました。このシステムは専用のマイクと小型のスピーカーからなり、難聴の方との対話に使用します。指向性がある小型のスピーカーを難聴の方の前に置くだけで、専用のマイクからの音声を聞き取れる装置です。周囲への音漏れによる影響が少なく、センターを訪れる方に試聴していただきましたが大変好評です。支援センターにお見えの際には、ぜひ試聴してみてください。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。

  ☆ 第5回福祉大会を開催
 去る9月24日、郡山市香久池の「郡山市障害者福祉センター」で、第5回福祉大会を開催しました。
 この大会は、日頃、会員の皆さんが不便や不自由を感じている事、また新たな補助具・補装具の開発希望等々について意見を出し合い、その実現に向けて日盲連等の上部団体や行政機関・JRなどに要望書を提出し、協会として運動していくことを目的に開催しています。
 首都圏での痛ましい視覚障がい者のホームからの転落死亡事故を受けて、JR・私鉄などの駅ホームの安全対策についての要望が出され、上部団体である東北盲人会連合としてJR仙台支社に安全対策の要望書を提出しました。また、県内に視覚障がい者生活訓練指導員として歩行訓練士の配置要望が出され、福島県ロービジョンネットワークなどの他団体と共同で福島県に要望書を提出し、担当部署との話し合いの機会を持つことができました。
 今年度は、新しいGPSを利用した音声ナビの開発と普及についての希望と、新たな信号機の設置に関して、地元の視覚障がい者団体とヒアリングを行い、音声信号機を設置して欲しいなどの要望が出され、実現に向けて関係機関に働きかけを行いたいと思います。
 ◆ (公社)県視覚障がい者福祉協会 024−535−5275
 尚、この記事は福島県のWeb広報誌にも掲載されています。




戻る